「貯金ゼロにおびえる世帯」は、どのくらい、あるのか?

mdbildes/shutterstock.com

もしもの時に備えるお金がまったくないという状態は、危険と隣り合わせだといえます。総務省の「家計調査(2019年度)」によると、貯蓄100万円未満の世帯は意外に多いことが分かりました。今回は、世帯収入や家族の状況別に、貯蓄100万円未満の世帯に関するデータを追っていきます。

年収ゾーンごとにみた「貯蓄100万円未満の世帯」

最初に、年間収入ゾーンごとに、貯蓄100万円未満の世帯の数とその割合をみていきます。

続きを読む

※(  )内は、100万円世帯が占める割合。

全体 総数:621万6718世帯

貯蓄100万円未満…66万7143世帯(10.73%)

年収200万円未満:19万9872世帯

貯蓄100万円未満…4万9652世帯(24.84%)

年収200万~250万円:24万4762世帯

貯蓄100万円未満…5万3140世帯(21.71%)

年収 250万~300万円:43万3801世帯

貯蓄100万円未満…6万8050世帯(15.69%)

年収 300万 ~ 350万円:58万5845世帯

貯蓄100万円未満…7万3690世帯(12.58%)

年収 350万~400万円:48万3961世帯

貯蓄100万円未満…6万4019世帯(13.23%)

年収 400万~450万円 :45万3806世帯

貯蓄100万円未満…5万8666世帯(12.93%)

年収450万~500万円:40万5018世帯

貯蓄100万円未満…5万8186世帯(14.37%)

年収500万~550万円:38万7709世帯

貯蓄100万円未満…4万7019世帯(12.13%)

年収550万~600万円:35万4375世帯

貯蓄100万円未満…4万7602世帯(13.43%)

年収 600万~650万円 :33万4438世帯

貯蓄100万円未満…3万7071世帯(11.08%)

年収 650万~700万円:27万8280世帯

貯蓄100万円未満…2万418世帯(7.34%)

年収700万~750万円 :28万6027世帯

貯蓄100万円未満…1万5786世帯(5.52%)

年収750万~800万円:22万3343世帯

貯蓄100万円未満…1万7286世帯(7.74%)

年収800万~900万円:42万4465世帯

貯蓄100万円未満…2万120世帯(4.74%)

年収900万~1000万円:29万2160世帯

貯蓄100万円未満…1万4282世帯(4.89%)

年収1000万~1250万円 :44万4556世帯

貯蓄100万円未満…1万5892世帯(3.57%)

年収1250万~1500万円 :19万6082世帯

貯蓄100万円未満…4770世帯(2.43%)

年収1500万円~:18万8218世帯

貯蓄100万円未満…1494世帯(0.79%)

貯蓄100万円未満の世帯が全体(総世帯数)に占める割合は約1割のようです。年収100万円台も、はたまた年収1000万円以上の世帯もひっくるめた「総世帯数」のうちの1割程度、と考えれば、あり得る数字と考えてもよいでしょう。注目すべきは、年間収入が1000万円超の世帯。高収入の世帯であっても、貯金100万円未満が一定数、存在するという点でしょう。

次ではこれを、世帯主の年齢層別にみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。