コロナ禍での投資でいい思いをした人、やむを得ず退場した人の差は何か

コロナ禍の大相場で儲けることはあえて考えなかった

「コロナの前からずっと投資をしようと思って、色々と調べていた。そんな矢先に新型コロナの影響で株価が大きく下がった。でも、焦って乗っかると失敗しそうなくらいぺースが早く感じて怖かったから、最初の大きな下げですぐに飛び乗ることはしなかった」と話すのは、電機機器メーカーで働く20代のCさんです。

Cさんは急速な株価の下げに驚き、いったん市場が冷静さを取り戻すまでは待とうと考えたのだそう。「そもそも自分はデイトレとかスイングトレードでもなく、ゆったり長期的に株を持ちたいと思っていた。だから銘柄を探すことを意識した。コロナ禍で特にダメージを受けなさそうな企業も一緒に下がっている気がして、今後は株価が戻るだろうと思った企業の株を選んでよかった」と話します。

「日本の株だけじゃなく、海外の株も見た。テレワークで時間ができたもちょうどよかったと思う。REITもオフィス需要が減って価格が戻らないものも多かったけれど、商業施設系や住宅系のものは押し目買いをしてもいいかなと思っている。それに、テレワークが進んでいるということはPC関連機材を買う人が増えるだろうなと思ってPC部品メーカーに注目してみたり、結構連想ゲームみたいで面白かったと」とのこと。

Cさんのように、あの相場になんとか乗ろうと焦って手駒を進めるのではなく、冷静に企業の今後を見極めようとする姿勢は必要でしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。