じつは損する「投資商品」の買い方ワースト3。人気商品はNGな理由

私はファイナンシャルアドバイザーとして1万人以上の資産形成に関わってきて、あることに気が付きました。それは、投資で【損する人たち】が、同じような商品の買い方をしているということです。

ここでは、現在、投資の主流になっている「投資信託」の買い方について、損するケースが多い3パターンをお教えしていきます。

なお、日本で買える投資信託は6000本以上もあります。そのなかから本当にいい投資信託を見つけ出すのは難しいものです。けれど、逆にこれからご紹介する「損する3パターン」を知っておけば、「得する商品」に出会える確率がグッと高まります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

【損するパターン1】 新商品やテーマ型商品に手を出す人

新商品=いいものというイメージがあります。

しかし、投資信託の新商品は必ずしも良いとは言えません。それでも人気が出るのは、ブームになっている間は利益がそれなりに出るからです。スタート時は勢いがあっても、ブームが終わったらすぐに失速します。そこで大損する人が多いのです。

そもそも、なぜ6000本もの投資信託が存在するのでしょうか。それは各運用会社が商品を売るために、競って新商品をどんどん作ってきたからです。

これはカップヌードルなどの戦略を考えるとわかりやすいと思います。カップヌードルは常に新しい商品を開発していて、これまでに発売されたものを累計すると100種類以上の商品があるそうです。

毎年「カップヌードルxx味」という新商品が数種類発売されます。レギュラー商品は基本的にオリジナルとカレー味、シーフード味ですが、酢豚味やハヤシ味、回鍋肉味など、変わり種のものはすぐに消えていってしまいます。他の味は、もとから期間限定で短期的に売ることを狙って作られているのでしょう。

同じように、投資信託も売れそうな商品(ファンド)を作ってバンバン売り出します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
福田 猛

ファイナンシャルスタンダード株式会社 代表取締役。

大和証券で働くかたわら、「本当に顧客のためになる資産形成のアドバイスをしたい」と考えて、起業。金融機関から独立した立場で資産運用のアドバイスを行うIFA法人ファイナンシャルスタンダード株式会社を2012年に設立(※アメリカでは人生に必要な友は「医師、弁護士、FA(ファイナンシャルアドバイザー)」という言葉が広まっている)。

2015年、楽天証券IFAサミットにて独立系アドバイザーとして総合1位を受賞。全国各地でセミナー講師をつとめながら、資産形成・資産運用アドバイザーとして活躍中。「大手金融機関に属さないアドバイザー」だからこそ話せる独自の視点でセミナーが人気を集め、開催数300回超、延べ10,000人以上が参加している。ハラハラせずに投資を長く安心して続けられる「ミックス投資」を推奨している。

朝日新聞、日本経済新聞など大手全国紙のほか、経済誌、テレビなど各種メディアにも頻繁に登場。人生100年時代の老後資金作りにおいて、いま最も注目されている「お金のお医者」とされている。