「年齢が上がれば貯蓄も増える」は本当なのか。

~世代別貯蓄額の変化を追ってみた~

Sira Anamwong / shutterstock.com

総務省が毎年結果を公表している『家計調査』。その中でも、多くの人の興味を引くのは「みんなの貯蓄額」ではないでしょうか。とりわけ、自分は同年代の中で「平均以上なのか、以下なのか」、といったあたりは、ちょっと怖いけれど知っておきたい、いうのが本音かもしれませんね。

さて、2019年の貯蓄額の平均は、二人以上世帯で1755万円、このうち勤労者世帯では1376万円という結果となっています。さらにこれを年齢ゾーン別にみていくと、60代までは、年齢ゾーンが上がるごとに、平均貯蓄額も上がっています。

続きを読む

そこで今回は、「年齢が上がれば貯蓄額が増える?」の真偽のほどを、各年齢ゾーン別の貯蓄平均額のデータをもとにひも解いていきます。

最新版(2019年)と10年前(2009年)のデータをもとに、年代ごとの変化を追っていきましょう。あなたの世代の貯蓄額平均は、この10年間で上昇しているでしょうか。

まずは最新(2019年)の結果から

冒頭でご紹介したのは、すべての年齢ゾーンの貯蓄額の平均です。ここでは、世帯主の年齢別の貯蓄額と負債額の平均とその内訳を見てみることにしましょう。

以下は、2人以上世帯全体の平均をまとめたものです。

拡大する

※総務省統計局のデータをもとに、編集部にて作成。


次は、2人以上世帯のうち、勤労者世帯の平均をまとめたものです。

拡大する

※2総務省統計局のデータをもとに、編集部にて作成。


社会人になって日も浅い20代は、当然のことながら全年代の中で最も貯蓄額が少なくなっています。働き盛りの30代で、貯蓄額は20代の倍額になりますが、負債が全世代の中でピークを迎えていることがわかります。貯蓄から負債を差し引いた「ネット貯蓄」のマイナスが一番大きくなるのは、この年代ということがわかります。

そして就職氷河期を経験した40代では、貯蓄がようやく1000万円を超えますが、ネット貯蓄は30代同様マイナスとなっています。定年前50代になって、ネット貯蓄がプラスに転じ、安定感が出てきますね。ようやく「貯まってきたなぁ」と実感する人が増える時期、といってもよいのかもしれません。定年を迎える60代になると、貯蓄額は2000万円を超えてきます。

全年代を通していえるのは、一口に「貯蓄」といっても、預貯金の比率が高い点でしょう。資産運用によってお金を「増やす」という視点を持ちにくい、もしくは苦手意識を持っている人が多い、ということのあらわれかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。