「年収1000万円なのに貯蓄ができない…」高収入でも生活が苦しい3つの理由

ImageFlow / shutterstock.com

国税局の「民間給与実態統計調査」によると、令和元年(2019年)度の給与所得者の平均年収は436万円でした。平均年収に近い世帯であっても、「給与が増えたらもっと生活に余裕ができるのに…」と嘆いている人は多いでしょう。

そんな中、年収1,000万円を超える世帯が全体の5%存在します。年収1,000万円もあれば、裕福で余裕のある暮らしを送っているだろうと思うものですが、実はそうでもないようです。この記事では、年収1,000万円でも生活が苦しい理由について解説します。

続きを読む

年収1,000万円でも10.3%の家庭は貯蓄ができていない⁈

まずは、年収1,000万円世帯の貯蓄がどれくらいあるのかについて見ていきましょう。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯、令和元年)」(2019年)より、年収1,000万~1,200万円世帯の金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)は以下のようになっています。

  • 金融資産非保有 10.3%
  • 100万円未満 3.4%
  • 100万~200万円未満 1.4%
  • 200万~300万円未満 2.7%
  • 300万~400万円未満 3.4%
  • 400万~500万円未満 4.8%
  • 500万~700万円未満 8.9%
  • 700万~1,000万円未満 6.8%
  • 1,000万~1,500万円未満 18.5%
  • 1,500万~2,000万円未満 8.9%
  • 2,000万~3,000万円未満 10.3 %
  • 3,000万円以上 15.1%
  • 無回答 5.5%

貯蓄額の平均は1,790万円、中央値は1,010万円となっており、多くの世帯ではしっかり貯蓄ができているといえるでしょう。しかし、金融資産非保有、つまり将来のための貯蓄が全くできていない世帯が10.3%いるという結果になっています(※ここでいう「金融資産を保有していない世帯」とは、預貯金や株式などの金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみは保有しているがそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯をいいます)。

年収1,000万円もありながら将来のため、または運用のための貯蓄ができていない世帯が、全体の約1割も存在しているのです。十分な稼ぎがありながら、なぜ貯蓄ができない状況に陥ってしまうのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。Twitter:まきあん