「いい歳して貯金が苦手な人」に共通する、3つのヤバい癖。

毎月の収入や、生活に必要となるお金は人それぞれ、貯蓄額も、しかり。稼ぎや家族構成といった事情は世帯ごとに異なります。

仮に同じだけの給料をもらっている人を比べた場合でも、家賃や住宅ローン支払いの有無、子どもの数などによって、家計の余裕はまったく変わってくるでしょう。

とはいえ、世の中には、「決して高収入ではないが、着実に貯蓄ができている人」と「かなり稼いでいるが、なぜか貯蓄が少ない人」がいますよね。みなさんはどちらでしょう。

続きを読む

40代・50代でも「なかなかお金が貯まらない・・・」という人、いませんか?

40代、50代は、多くの人にとって、住宅ローンや子どもの教育費などの支払いなどに追われる時期。それらと並行して「リタイヤ後を見据えた貯蓄」も増やしていかねばならないフェーズでもあります。

特に50代以降は、そのラストスパートの時期。とはいえ、「実は、いい歳して貯蓄が苦手なんです・・・」と密かに悩んでいる人も、決して少なくないのでは?

今回は、「それなりの歳なのに、なぜかお金が貯まらない」という人に共通する3つのヤバい癖」をご紹介していきます。特に40代以降で「貯金ができない」と悩んでいる人は、ぜひご参考になさってください。

「いい歳」なのにお金が貯まらない人の「ヤバい癖」 その①

「衝動的な“小さい出費”が多い」

1回1回は「100円ちょっと」という金額でも、それが積もればそれなりの金額になります。例えば、月曜日から金曜日まで、毎日自販機で120円の飲み物を買ったとすると、1週間で600円。ひと月で2500円前後、という計算になります。

月々2500円を貯めていけば、1年間で3万円。預貯金以外にも、掛け捨て医療保険などに加入できたり、月に1度、少しだけ豪華な食材をとりいれることができたりします。何となく飲み物を買うより、意味のある出費になるかもしれません。

コンビニのレジ前に置いてあるお菓子やホットスナックに、ついつい手が出てしまう、といったことが習慣となっている人は、ぜひ、意識してその癖を直していきましょう。

とはいえ、そうした小さい買い物が、日頃のささやかな息抜きとなっている人も多いはず。そんな場合は、「週1回、金曜日だけ」など、自分の中で回数を決めてみませんか。そして、浮いたお金の「貯め方」や「有意義な使い道」について考えていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。