家事・育児の時給換算、最も高かった”仕事”は何?

時給額が軒並みアップした今年の調査

2016年、大ブームになった「逃げ恥」。ドラマだけでなく、ダンスに夢中になった人も多かったのではないでしょうか。2021年のお正月にスペシャル版が放送されるということで、個人的に非常に楽しみでもあります。

あのドラマの面白さの1つは、主婦の家事に値段をつけて、ガッキーこと新垣結衣さん演じる主人公がお給料をもらうという発想。

では現実の女性の意識はどうなのか、ソニー生命保険が今年9月に行った「女性の活躍に関する意識調査2020」(対象:全国の20歳~69歳の女性1,000人)の中に、女性の家庭や地域社会での仕事を時給に換算した調査結果があります。その内容をみてみましょう。

続きを読む

第1位は「(未就学児の)育児・世話」で時給換算1,673円

同調査で、「毎日の家事・育児や地域社会での貢献などを時給に換算するといくらになる?」という設問に対する回答結果は以下の通りでした(10項目ある選択肢にそれぞれ想定する時給額を入力する形式。平均値を表示)。

家事・育児の時給換算ランキング

拡大する

出所:ソニー生命「女性の活躍に関する意識調査2020」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。