コロナ禍で変わる「持ち家願望」…マンションよりも戸建てが良い?みんなの住宅購入事情

SuperOhMo/shutterstock.com

住宅は生涯の中でもかなり高額な買い物になります。建物や場所にもよりますが、ローンを組むのが一般的でしょう。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が経済にも大きな影響を与えましたが、それは住宅ローンの借入についても同じのようです。㈱MFSの「コロナ禍前後における住宅購入希望者の傾向分析」をもとにして、住宅ローンの動きを見ていきます。

住宅ローンを組めるのか、一番心配しているのは年収400万円台

続きを読む

住宅ローン借り入れ可能額判定サービス「モゲパス」を提供する㈱MFSが行った「コロナ禍前後における住宅購入希望者の傾向分析」。この分析において2020年3月以降、コロナ後でモゲパスの申込者を年収別で比較したところ、最も多かったのが「年収400万円台」で16.4%、次いで年収500万円台の16.3%、年収300万円の15.8%となりました。

拡大する

コロナ前後でモゲパス申込者の年収の比較(出典:㈱MFSの調査より)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。夫と子ども2人(高校生)の4人家族。家計の節約やお得情報を発信していきます。