「離婚の原因は、まさかの自分だった!」3人のモラハラ夫が語る、遅すぎた反省。

「ウチは夫婦仲いいから大丈夫」なんて思っている男性に質問です。

果たして、あなたの奥さんも、あなたと同じ気持ちなのでしょうか?

今回は、「夫婦円満だと思っていたのは、実は自分だけだった…」という男性3人が、それぞれの離婚にまつわるエピソードを語ってくれます。

妻から突然の離婚届。原因はまさかの「自分」!?

『もう我慢の限界です!別れてください』

「いつも通り仕事から帰ってきたら、突然妻に離婚届を突き付けられました。でも、まったく心当たりがありません。ゆっくり話し合おうと言っても、妻は聞く耳持たずで…。何が何だかわかりませんでした」

続きを読む

Mさんは、妻と小学生の息子との3人家族。ギャンブルもしなければ借金もない、浮気なんて考えたこともないといいます。誰よりも妻のことを愛していて、毎日家族のために働いていたそう。

「ひとまず落ち着いてもらおうと、実家に帰ってもらい時間をおきました。でも、数日たっても妻の気持ちは動かず…。せめて理由だけは教えてほしいと頼むと、妻の口から、驚きの言葉が出たのです」

『あなたはずっと、モラハラ夫だった』

今まで我慢してきた恨みつらみを、いっきに吐き出すかのように、Mさんの妻は語りだしたそう。

その「モラハラ行為」は、最近始まったことではなかったのです。子どもの夜泣きがひどい時に「静かにさせろ!」と怒鳴られたこと。体調が悪いのに、自分の趣味を優先させて息子をお風呂に入れてくれなかったこと。夕食にスーパーのお惣菜を出したら「今日は手抜きだな」と言われたことなど…。

「他にも山ほど出てきましたが、正直覚えていないことばかりでした。思い返せば、自分は家事や育児はほとんど手伝ってこなかったのだと思います。それなのに文句ばかり言われたら、妻もイヤになるでしょう。反論の余地がありません」

ひとつひとつの言動はちょっとしたことでも、それが積み重なっていけばいつか崩れてしまいます。本当に愛があるのであれば、相手を思いやる気持ちを忘れてはいけないと思わせるエピソードでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

人材派遣会社にて採用管理業務を10年ほど経験後、結婚・出産。
現在は一般企業で就業するかたわら、出産・育児・仕事に関する記事を執筆しています。