【2020年冬賞与】会社員と公務員はいくらもらえる?みんなの「ボーナス」使い道

2020年のボーナスは貴重?将来に備えたおすすめの活用法 

コロナ禍の影響なども考慮すると、2020年の冬のボーナスは例年以上に貴重なお金となるでしょう。先行きが不安な今だからこそ、将来に備えてボーナスを活用しましょう。

資産運用でお金を増やす

収入に不安があるのなら、お金を貯めるだけでなく、運用して増やすようにしましょう。運用するためのお金は預金と違って動かしづらく、実際はお金を使う機会を減らせる場合も。

「株式投資」は数万円から始められます。貯蓄と違って資産が減るリスクもありますが、株主優待を受け取れるなどの魅力も。

初心者でも挑戦しやすいのは、給料天引きでお金が貯まる「財形貯蓄」、自社株を保有できる「従業員持株会」など。少額から運用できる「つみたてNISA」や、金利の低い今だからこそ始めやすい「個人向け国債」なども良いでしょう。

ふるさと納税を利用する

旅行や外食を控えている今だからこそ、「ふるさと納税」を始めるのもおすすめです。故郷や応援したい自治体に寄付すると、お礼の品を送ってもらえます。所得税の還付や住民税の控除が受けられるので、実質自己負担2,000円で美味しいお米やお肉、海産物などの食材を楽しめます。

コロナ禍の影響を受けている観光業の助けにもなり、自分たちも旅行や外食したような気分を味わえるので、有意義なボーナスの活用法となるでしょう。

冬のボーナスを上手に使おう

2020年の冬のボーナスは、例年に比べて厳しい見通しです。支給されない企業もあるので、減額になっても支給されるだけ良しとすべきかもしれません。先のことも考えて冬のボーナスを上手に活用し、今後に備えていきましょう。

【参照】
みずほ総合研究所「2020年冬季ボーナス予測
Pontaリサーチ調べ「第43回 Ponta消費意識調査

佐和山 薫

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

企業におけるCS向上戦略や従業員育成の講師業経験を活かし、ビジネス誌におけるコミュニケーションスキルやビジネスマナー関連の連載経験、戦国武将の生き方にヒントを得た現代人への仕事エッセイの連載経験あり。また、ストレスフルな現代における「癒し」を追求し、ヨガインストラクターとしても活動中。執筆におけるモットーは、「読んだ後に何かひとつでも気づきを提供できる文章を書く」。