【2020年冬賞与】会社員と公務員はいくらもらえる?みんなの「ボーナス」使い道

2020年も貯金が多い!みんなの冬のボーナスの使い道 

続いては、2020年の冬のボーナスの使い道についてみていきましょう。2020年9月26日~9月28日に、Pontaリサーチが会員を対象に行った「第43回 Ponta消費意識調査」を元にご紹介します。

冬のボーナスの使い道で一番多いのは「貯金・預金」

こちらの調査では、38.0%の人が冬のボーナスを「貯金・預金」に回すという結果が出ています。そのうち44.2%の人が用途を決めており、コロナ禍の影響なのか「収入の変化への備え」としてお金を貯める人が前年度よりも増えています。

その他の使い道は「旅行」6.9%、「外食」5.1%、「食品(ふだん食べるもの)」4.6%、「衣服」3.9%など。いずれも、2019年度の調査よりも減少傾向にあります。先行きへの不安から、消費者の貯蓄意識が高まっているのでしょう。

冬のボーナスが「支給されない・分からない」の回答も

「貯金・預金」よりも多かったのが、「支給されない・分からない」の回答。なんと46.4%という過去の調査の中で最も高い結果が出ています。実際、ボーナス支給を見送る企業も多いようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

企業におけるCS向上戦略や従業員育成の講師業経験を活かし、ビジネス誌におけるコミュニケーションスキルやビジネスマナー関連の連載経験、戦国武将の生き方にヒントを得た現代人への仕事エッセイの連載経験あり。また、ストレスフルな現代における「癒し」を追求し、ヨガインストラクターとしても活動中。執筆におけるモットーは、「読んだ後に何かひとつでも気づきを提供できる文章を書く」。