年収1000万の二人以上世帯の貯金はいくらか

IR_Stone/iStock

年収1000万円というと、高給で貯蓄をしっかりとできているイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実際の貯蓄額はどの程度なのでしょうか。

この記事では、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」から年収1000~1250万円世帯の平均貯蓄額を見ていきます。

年収1000万円以上の収入を得ている割合は?

年収1000万円を稼ぐ人は、どの程度の割合でいるのでしょうか。

続きを読む

国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均給与は436万円となっており、年収1000万円以上の割合で見ると下記のような結果となっていました。

  • 男性:7.6%
  • 女性:1.2%
  • 合計:4.8%

男女でわずか5%ほどとやはり少数派です。
年収が1000万円以上あれば好きなモノが買え、貯蓄も十分できると思いますが、実際の貯蓄額はどうなのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011