老後対策の貯金は1000万円で安心は本当か

Tatyana Yagudina/iStock

老後が何歳から始まるのかは今後ますます個人差が出てくるような、高齢化の時代となりました。

今を生きるわたしたちの不安は現在のこともさることながら、老後への不安の割合が大きいのではないでしょうか。

ではいくら老後資金を準備すれば安心でしょうか。

今回は老後対策のための貯金は1,000万円あれば安心といわれるのは本当かを確認してみましょう

みんないくらの貯金を目指してる?

金融広報中央委員による「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」から各年代の金融資産目標残高が確認できます。

続きを読む

みんないくらくらいを目標にお金を貯めているのでしょうか。
年代ごとにみていきましょう。

20代

  • 平均値:1,378万円
  • 中央値:1,000万円

30代

  • 平均値:2,519万円
  • 中央値:1,000万円

40代

  • 平均値:2,031万円
  • 中央値:1,000万円

50代

  • 平均値:2,674万円
  • 中央値:2,000万円

60代

  • 平均値:2,634万円
  • 中央値:2,000万円

いかがでしょうか。20代から40代までは目標金額の中央値が1,000万円となっています。

平均値は一部の高い金額に影響を受けるため、中央値(小さい方から並べて真ん中にくる数値)がより実態を反映しているのですが、多くの方が貯金1,000万円を目指していることが分かります。

また50代以降は2,000万円台になっていますが、老後を目前とする世代であり、年収が高くなったり退職金が考慮されていたりするのかもしれませんが、老後に対する不安感も感じ取れます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。