「あなたの世代、なんのためにお金を貯めている?」年齢別「貯金目的」とは

ライフステージで変わる大切なもの

結婚や出産の年齢は一概に皆さん同じとはいえませんが、多くの家庭でお子さんの進学年齢にあたる40代はとにかく「子供にお金がかかる」時期。それまで自分たちがより豊かに生きるために貯えていたお金を子供たちの将来に向けて貯める、もしかしたら金額的にも一番苦しいと感じる時期かもしれません。

そして、子供たちの成長を見守り巣だっていった先には、ようやくまた自分たちの老後の蓄えや楽しみのためにお金を貯めることができる未来が待っているようです。40代ですと、学費の他に住宅ローンや自動車のローンを抱えている人も多いため「こんなに貯まらないで将来大丈夫だろうか」なんて不安になってしまうこともあるかもしれません。

繰り返しになりますが、多くの方が50代までに子育てを終え、子供たちにかかっていた費用が自分たちのために使うお金に回る。今まで何よりも優先してきたものが変わることで、また20代のときのような「自分たちのため」にお金を動かす時期が来ることを考えると「40代はきついけど最も頑張りどき」なんて思えるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。