主婦の在宅ワークに落とし穴…「扶養から外れた」「あわや申告漏れ!」その理由

最近では、在宅ワークや内職、フリマアプリなどで収入を得る主婦が増えているようです。わざわざ出勤せずとも自宅でスキマ時間に仕事ができる在宅ワークや、趣味と実益を兼ねたハンドメイド作品の販売などは、家事や育児に忙しい主婦に人気。

なかには月に10万円以上の収入を得ている人もいるようです。しかし、そこで気をつけたいのが「確定申告」。知らぬ存ぜぬのままにしておくと、後々痛い目に合うこともあるようです。

ハンドメイド販売の落とし穴

続きを読む

2児の母、Aさんはパートに行きながら、フリマアプリで自作のハンドバッグを販売する「二足のワラジ」で収入を得ています。パートの月収は約8万円、ハンドバッグの売り上げは月に3万円前後です。

「バッグの材料や郵送代などを引くと、利益は月1万円くらい。確定申告の必要があるかな?と調べたら、パートの給与所得がある場合、ハンドメイドでの儲けが年間20万円以内なら大丈夫だと判明したので、ひと安心していました」

しかしAさん、ハンドメイド仲間から思わぬことを聞かれます。

「住民税の申告はした?」

確定申告は必要ないはずだけど…と答えるAさんに相手はこう返します。

「Aさんはパートで働いているから、たしかにハンドメイドの所得が20万円に達しなければ確定申告はいらないわね。でも自治体に払う『住民税』のほうは、いくら儲けたかに関係なく申告しなきゃいけないのよ」

慌てて住民税の申告方法を調べて申告を済ませたAさん、親切な仲間のおかげで事なきを得ましたが…。

「これ、ずっと知らずにいたらどうなっていたんだろう、とゾッとしましたね」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

母親として、妻として、そして、ひとりの女性として、人の心に寄り添うような文章を発信していきます。