【還暦人60歳2000人のお金事情】「平均貯蓄額」と「ゆとりある老後生活の月額」一体いくら? 

総務省統計局が公開した「出生年別子(ね)年生まれの人口」によると、2020年に還暦を迎える1960年生まれの人(以下、還暦人「かんれきびと」)は、151万人に至ります。還暦といえば一つの節目。2020年還暦人はどういった価値観を持っているのでしょうか。

今回は、PFG生命調べ「2020年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を参考に、還暦人の考え方を見ていきましょう。なお、今回の調査は1960年生まれの男女2,000人です。

86.7%「61歳以降も仕事を続けたい」

生活と仕事は切り離しにくいもの。1日における多くの時間を仕事に費やしている人もいるでしょう。59歳時点で就労をしている・していた人(1,466人)に何歳まで働いていたいか質問しました。

最も多かった回答は「61歳から64歳まで(42.7%)」です。61歳以降も仕事を続けたい人が86.7%いました。平均年齢は67.7歳で、働くことを生きがいにしている人も多そうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

人材コンサル会社、IT会社を経て、フリーライターに。
読者の暮らしに役立つ情報を発信中。