【還暦人60歳2000人のお金事情】「平均貯蓄額」と「ゆとりある老後生活の月額」一体いくら? 

還暦人の貯金額は平均3,078万円

次に、還暦人の平均貯金額について。全回答者(2,000人)に現段階での貯蓄額(配偶者がいる場合は夫婦2人分)を聞いたところ、平均貯蓄額は3,078万円でした。なお、昨年の平均貯蓄額は2,956万円です。

“老後2,000万円問題”が話題になりましたが、貯金額が2,000万円に満たない還暦人は64.8%もいます。なかでも、貯蓄額が100万円未満という20.8%の還暦人の存在は無視できません。

世帯構成別でみると、「100万円未満」と回答した人の割合は、子どもがいないか子どもと別居しており配偶者がいない層が30.3%と、他の層と比べて突出して高くなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

人材コンサル会社、IT会社を経て、フリーランスライターになるキャリア、主婦のお金問題など、読者の暮らしに役立つ情報を発信中。