ソニーが大幅高で約19年ぶり高値! 日経平均株価は大幅続伸

【東京株式市場】 2020年11月4日

その他では、トイレタリー株や医薬品株が総じて買われ、ユニ・チャーム(8113)が再び上場来高値を付けたことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ネクソン(3659)
  • KDDI(9433)

既に先週末に決算発表済みのSGホールディングス(9143)が利益確定売りに押されて大幅安となり、前日に急落したヤマトホールディングス(9064)も続落となりました。

また、前日にリストラ実施報道で急騰したLIXILグループ(5938)が大幅に反落し、サンリオ(8136)も小幅続落で引けています。

その他では、ソフトバンクグループが投資先であるアリババ社の傘下企業のIPOが中止になったことを嫌気され、大幅安の4日続落となったことが目を引きました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。