『鬼滅の刃』爆ヒットの東宝は再び業績上方修正に? 新年にも期待作投入

コロナ禍で世界的にエンタメ業界が打撃を被る中、日本では『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(以下、『鬼滅』)が空前の大ヒットになっています。

『鬼滅』は公開3日で興行収入46億円を超え、さらに歴代最速の10日間で100億円を突破。この勢いを受け、配給会社の東宝(9602)の株価はこれまでの最高値4,915円に迫る4,700円を一時回復しています。

東宝は『鬼滅』の驚異的な興行収入に加え、来年1月にもヒットが期待される作品が控えています。『鬼滅』公開直前に上方修正された業績予想は、今後、再び上方修正されるのか。株価の行方とともに注目されます。

続きを読む

『鬼滅』公開直前に発表された業績上方修正

東宝が配給(正確にはソニー系の株式会社アニプレックスとの協同配給)する『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入は、10月16日の公開初日からの3日間で46億円を超えました。

これは、昨年のアニメヒット作による公開後3日間の記録、『アナと雪の女王2』の19億円、『天気の子』の16億円を大幅に上回っています。

その東宝は『鬼滅』公開直前の10月13日に、2021年2月期連結業績予想の上方修正を発表しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。