厚生年金と国民年金、定年後にいくらもらえるか

sorbetto/iStock

定年後は夫婦で海外に旅行に行きたい、あるいはずっと憧れていた趣味を持ちたいと、定年後の老後生活に夢を膨らませている人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな定年後のわたし達の生活の収入源は主に「年金」となります。将来もらえる「年金」の金額によっては、旅行が国内になってしまったり、趣味に使えるお金が限られたりと、夢の老後生活に大きく影響が出てきそうです。

もっとも、新型コロナウイルス感染拡大の影響が下火にならないことには、旅行は国内、趣味も限定されてしまうということは十分に考えられますが。

続きを読む

今回は、厚生年金と国民年金をわたしたちは定年後にいくらもらえるのかをみていきたいと思います。

サラリーマンの厚生年金収入はいくらか?

はじめにサラリーマンとして民間企業で働いた人が厚生年金をいくらもらっているのかを見ていきたいと思います。
 
厚生労働省「厚生年金保険・国民年金事業年報」(平成30年)によると、厚生年金の月額階級別受給権者数は以下のとおりです。

男性

  • 30万円~:1万9千人
  • 25~30万円:31万人
  • 20~25万円:228万8千人
  • 15~20万円:428万4千人
  • 10~15万円:267万1千人
  •  5~10万円:106万8千人
  • 1~5万円:8万7千人
  • ~1万円:9万人

女性

  • 30万円~:(1,000人未満)
  • 25~30万円:4千人
  • 20~25万円:6万4千人
  • 15~20万円:40万3千人
  • 10~15万円:212万3千人
  • 5~10万円:233万7千人
  • 1~5万円:30万3千人
  • ~1万円:3万6千人

平均年金月額は、全体で143,761円、うち男性が163,840円、女性が102,558円です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、京都信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。