エアコン暖房は何度に設定? 冬の電気代を抑える節約術3選

いよいよ冬本番が近づいてきました。寒い時期に欠かせないのが暖房器具です。ヒーターやストーブ、こたつ、ホットカーペットなどさまざまですが、多くのご家庭に設置されているのがエアコンではないでしょうか。

エアコンは、運転機能を切り替えることで夏には冷房、冬には暖房器具として使用することができ、ヒーターやストーブ等と比べると安全性も高いのが特徴です。一方で、使っていく中で気になるのが電気代ですよね。

そこで本記事では、さまざまなデータをもとに冬のエアコン代を抑える節約術をご紹介します。

続きを読む

冬のエアコン暖房、室温の目安は?

みなさんは冬の寒い時期にエアコン暖房の設定温度をどれくらいにしていますか? 環境省では、平成17年度から冬の地球温暖化対策のひとつとして「WARMBIZ」(ウォームビズ)を呼びかけています。

夏の暑い時期に、冷房を過度に使用しなくても快適に過ごせるようにビジネスシーンでの軽装を推奨する「COOLBIZ」(クールビズ)のほうがどちらかというと有名ですが、その冬バージョンがウォームビズになります。

ウォームビズで推奨されている暖房時の室温は20℃です。一口に20℃とは言っても、最近建てられた断熱性が高い建物では、暖房をかけなくても室温が20℃を超えることもありますし、逆に建物によっては暖房のスイッチを入れても室温20℃になるには時間がかかる場合もあるでしょう。

あくまで室温20℃というのは目安になりますが、環境省などのデータから冬のエアコン代を抑えつつ快適に過ごすためのコツを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

経済学部卒業後、クレジットカード・投資(株・FX)などの金融系コンテンツを得意とするフリーランスのライターとして活動。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Ameba」など複数メディアに寄稿中。お金のスキルをもとに、女性ならではの目線での節約方法についても発信している。簿記2級、ビジネス会計検定2級を保有。