ハロウィーングッズは「捨てる」?「売る」?4つの判断基準と売るコツとは

来年も使えるキャラクターなのか?

ハロウィーンが終わった後でフリマアプリで売る場合、来年も使えるのか?も考えておきましょう。定番のキャラクターであるドラキュラや不動の人気のアニメのキャラクターなどは、来年も需要がありそうです。でも今年爆発的に人気になったキャラクターは、来年使えるかわかりません。

買う側からすれば「もし使わなかったら」と考えると、短期的に人気になったキャラクターのアイテムは購入を控えることもありますよね。そのためこれらの商品は処分も視野に入れておいた方がいいでしょう。

忘年会や新年会があれば……

ハロウィーングッズの用途としては、忘年会や新年会があります。余興の時に使われることもあるのですが、2020年に限ってはちょっと難しいかなと思います。COVID-19の感染状況によっても変わってくるのでしょうけれど、静かな忘年会、新年会になるケースも少なくないでしょう。つまりハロウィーングッズの用途が1つ減ってしまったので、特に今話題のキャラクターのアイテムは要注意となります。

潔く処分することも考える

自分が持っているハロウィーングッズが売れにくいと判断したら、すぐに処分してしまいましょう。保管をするにも場所が必要ですし、長く保管をしていると「もしかしたら売れるかも。使うかも」と思ってしまいます。筆者は処分をするならハロウィーンが終わった直後がいいと思うのですが、それは「やり尽くした感」があるからです。

ハロウィーンが終わって一段落したので、気持ちもすっきり。もちろん余韻を楽しむのもいいのですが、すっきりした気持ちがある間に手放すことを決めた方がスムーズだと思います。

川崎 さちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ