iPhone関連部品の太陽誘電が連日で約19年ぶりの高値更新! 日経平均株価は反落

【東京株式市場】 2020年10月20日

copy URL

その他では、大株主の1つである香港の投資ファンドから社長解任等の要求を突き付けられた東京ドーム(9681)が、構造改革期待から一時+4%高の大幅上昇となりましたが、終値は+1%超高に止まるなど目立った値動きにはならなかったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ファーストリテイリング(9983)
  • オリンパス(7733)

百貨店株が一斉に売られ、高島屋(8233)、J. フロント リテイリング(3086)、三越伊勢丹ホールディングス(3099)がいずれも一時▲5%安に迫る急落となり、終値も大幅安となりました。

また、前日に再び年初来高値を更新した東宝(9602)が大幅反落となり、松竹(9601)も大幅下落となっています。

その他では、JR株も一斉に売られ、東日本旅客鉄道(9020)は▲5%安に迫る急落で年初来安値を更新しました。

なお、先週から売りが続いている精密機器株も値を下げ、キヤノン(7751)とコニカミノルタ(4902)は5日連続で年初来安値更新となり、ニコン(7731)も再び約26年ぶりの安値を付けて引けました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。