「塾や習い事のお金」平均額はどれくらい?無理なく継続・節約するために知っておきたいこと。

子育て家庭にとっては避けては通れない「教育費の問題」。とくに学習塾や習い事の費用にを捻出するのに頭を悩ませているみなさんも多いことでしょう。

「みんなはどれくらいお金をかけているの?」「きょうだいが多くて、子どもの希望通り通わせられそうにない・・・」など、ママ友にはちょっと聞きづらい話題かもしれません。

「塾や習い事」みんなどれくらいお金をかけているの?

では、文部科学省「平成30年(2018年)度子供の学習費調査」の「補助学習費」(※)より、学年ごとの学習塾費用をみていきましょう。

続きを読む

(※)「補助学習費」の定義
 予習・復習・補習などの学校教育に関係する学習をするために支出した経費。ただし,学校で使用するものと共用のものは「学校教育費」とする 「子供の学習費調査 用語の解説(項目別定義)」より引用

拡大する

※文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」をもとに編集部作成

このように、特に義務教育の期間は、学年が上がるごとに学習塾費用は増えていく、と考えてよいでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。