「フードロスの削減」から始める、節約上手さんへの道。

「飽食の時代」、食べたいものが簡単に手に入る世の中です。さらには余った食品を廃棄する「食品ロス(フードロス)」という言葉が登場するほど…。

日本から世界に広まった「MOTTAINAI(もったいない)」の精神とはだいぶ矛盾している感がありますよね。

食料品の購入や、レストランでの外食は、いずれも出費を伴う行為です。食品ロスは、お金を払って手に入れた食べ物を「使い切れない」「食べきれない」ことから起こるわけです。

続きを読む

でも、これひょっとして「お金を捨てている」のと同じでは?

食品ロスを減らし、節約につなげるにはどんな工夫ができるのでしょうか。

1日のフードロスは「1人あたり、お茶碗1杯分」

消費者庁の『令和元年(2019年)度消費者意識基本調査』によると、日常生活において捨てる量を「減らさなければならない」と強く感じるものは「プラスチックの容器包装」81.0%、「食品の廃棄物」80.1%となりました。

2020年7月に「プラスチック製買物袋の有料化」がスタートしたことは記憶に新しいですよね。同じように、食品についても「捨てすぎなのでは?」と皆さん強く感じている様子……。

拡大する

※消費者庁の資料をもとに編集部作成

農林水産省の『食品ロス及びリサイクルをめぐる情勢』によれば、「食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品を指しています。

たとえば日本では、1年間に1人あたり約48kgの食品ロスが出ています。これは、1日で考えると1人あたり「お茶碗1杯分」(約132g)にあたります。

また日本は食料の多くを海外からの輸入に頼っていますが、一方で食品ロスが大量に出ているのも事実……。なんだか矛盾していますし、何より「もったいない」ですよね。

2019年5月に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が成立しました。さらに2020年3月には「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針」が閣議決定されています。

「食品ロスの削減」に向けた、国の取り組みが始まっていることが窺えますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。