厚生年金と国民年金、老後にもらえるのはいくらか

miniwide/Shutterstock.com

会社員の方も自営業の方も毎月納めるのが年金です。決して少なくはない金額を毎月納めているわけですが、自分が老後を迎えてどのくらいもらえるのかは誰もが気になることではないでしょうか。

働き方や生活スタイルは今回のコロナ渦でこれまでよりも更に大きく変化しています。将来自分がどんな生活スタイルになっても、お金には困らないようにもしたいものです。

老後の年金がいくらもらえるかの目安が分かれば自助努力で増やすお金の目標が具体的になります。

続きを読む

今回は厚生労働省年金局による「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」から老後にもらえる厚生年金と国民年金について確認してみましょう。

厚生年金保険(第1号)の年齢別老齢年金の平均月額はいくらか

厚生年金の受給額ですが、60歳から90歳以上までの年齢で平均金額がことなります。

ただし留意点として、65 歳未満の厚生年金保険(第1号)の受給権者は、特別支給の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢の引上げにより、主に定額部分のない、報酬比例部分のみとなっています。

  • 60歳~64歳・・・79,135円
  • 65歳~69歳・・・144,521円
  • 70歳~74歳・・・146,813円
  • 75歳~79歳・・・153,816円
  • 80歳~84歳・・・161,663円
  • 85歳~89歳・・・164,831円
  • 90歳以上・・・160,367円

では次に国民年金の平均はいくらかを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。