夫の会社の「働き方改革」に、妻たちは何を望んでいるのか。

夫の長時間労働と家事に対する協力度の関係

リンナイ株式会社が、日本を含めた世界5カ国、30~49歳の夫婦共働きの男女500人(各国100人)を対象に実施した「世界5カ国の『共働き』に関する意識調査」の結果をみてみましょう。

夫婦で家事分担をしていますか?という質問に対する、各国のYESの回答率は以下のとおりです。

1位:アメリカ…93%
2位:韓国…87%
3位:デンマーク …84%
4位:ドイツ…77%
5位:日本…56%

そして、上記の「トップ」と「最下位」が逆転しているのが、各国の共働き夫婦の平日の仕事時間です。

1位:日本…9.19時間
2位:韓国…8.72時間
3位:ドイツ…8.42時間
4位:デンマーク …7.64時間
5位:アメリカ…6.68時間

この結果から、労働環境と家事分担との密接な関わりが窺えますね。また長時間労働の傾向があると、夫婦のどちらかが契約社員やパートなど残業が少ない働き方を選び、家事を引き受けるという状態も起こりやすいでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

人材派遣会社にて採用管理業務を10年ほど経験後、結婚・出産。
現在は一般企業で就業するかたわら、出産・育児・仕事に関する記事を執筆しています。