「コロナショックをどう乗り越える?」投資の先輩は“リーマン時”にどう動いたのか

さいごに

コロナ禍ではあっても「3月から4月にかけて株を購入していれば利益が出たのに……」と思った人は多いのではないでしょうか。実際アメリカでは、ITバブルやリーマンショックで儲けた人に続けと、コロナショックでも株を買う人が相場を押し上げました。投資では、こうした経験を蓄積するのは大切なことです。

また現在、計算上の損失があるけれども、買い増しか売却か判断できない人は、この機会に投資のマイルールを構築しておきましょう。投資の判断をその時の感覚・感情で行わず「投資資産のうち、日本の株式市場で運用するのは○割まで」などと決めるのです。そのルールを守っていくことで判断に悩むことが少なくなりそうです。ぜひ参考にしてみてください。

【参考】
2020年リーマンショックとコロナショックに関する調査」JSKパートナーズ株式会社
日経平均株価」Yahoo!ファイナンス

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。