「コロナショックをどう乗り越える?」投資の先輩は“リーマン時”にどう動いたのか

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大状況が、ゆるやかに落ち着きつつあります。そんななか、日本では突然の首相交代、大統領選を控えたアメリカの政局など、相場の見通しが立ちにくい状態が続いています。投資・運用方法の見直しについて迷う人もいるでしょう。

2008年のリーマンショック時、投資家たちはどんな動きをとったのでしょうか。調査結果をもとに当時を振り返りつつ、コロナ禍での投資との向き合い方を考えてみましょう。

続きを読む

投資の先輩たちはリーマンショック時にどう行動したのか

アメリカの大手投資銀行の経営破綻に端を発した金融危機、いわゆる「リーマンショック」から12年経ちます。現在投資を行っている人には「リーマンショックを経験していない」いう人もいるでしょう。投資の先輩たちはあのときどんな行動を取ったのでしょうか?

JSKパートナーズ株式会社が投資経験10年以上の人を対象に行った「2020年リーマンショックとコロナショックに関する調査 」の結果をみていきます。

「リーマンショック時にどのような投資行動を取りましたか?」

  • 特に何もしていない・・・36.9%
  • 資産の買い増し・・・18.0%
  • 投資を止めた・・・12.5%
  • リスクのある資産の売却・・・12.3%
  • 新たな投資先の開拓・・・8.9%
  • 可能な限り現金化・・・7.2%
  • 年利の高いところへ投資した・・・2.9%
  • その他・・・1.3%

積極的に投資を続けた人、ポジションを整理してリスクを減らした人、何もしなかった人とそれぞれですね。

特に多い「何もしなかった人」は長期投資の視点から動かなかったのか、ただ損切ができなかったのか……。いずれにしてもポジションはキープしています。「資産の買い増し」をした人は下落相場をチャンスと考えたのでしょう。2000年のITバブル崩壊を経験している人が、数年後には相場が戻ったことを記憶している、という部分も大きいと考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。