コロナ禍で「孫出費」は減少?シニアの生活意識の変化とは

孫と一緒にしたいことは?

孫がいるシニア(320名)が、孫とどんなことをしたいのかというと「外食」が最も多く全体で55.6%、次いで「旅行」が49.7%、「会話」が46.9%となりました。会話に関しては、遠くに住んでいる場合にはなかなか会えないことも理由かもしれません。

拡大する

孫と一緒にしたいことについて(出典:ソニー生命保険㈱の調査より)

また男性と女性で差が出た項目がありました。「スポーツ・運動」は男性が22.2%だったのに対して、女性は6.3%、「料理・お菓子作り」は男性が2.1%でしたが、女性は15.3%となっています。

それぞれの得意分野で孫との時間を過ごしたいとの気持ちが浮き彫りになったようです。

まとめ

健康で元気なシニアは、旅行やグルメ、健康、孫のためなど「物」ではなく「こと」にお金を使っていることもうかがえます。今後も元気なシニアは増えていくでしょうから、シニアでも楽しめる旅行プランやグルメなどがもっと増えてくるかもしれませんね。

【参考】

シニアの生活意識調査2020」  ソニー生命調べ

調査対象:全国のシニア(50歳~79歳)の男女
調査期間:2020年8月3日〜8月4日の2日間 
有効サンプル数:1,000名
調査方法:インターネットリサーチ
調査協力会社:ネットエイジア
※調査レポートの百分率表示は小数点第2位で四捨五入の丸め計算を行っているため、合計しても100%とならない場合がある

渡辺 ももえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。
夫と子ども2人(高校生)の4人家族。
老後のために今からいろいろ策を練ろうと模索中。