新社会人こそ知っておきたいiDeCoで資産運用

加入の条件があるiDeCo

iDeCoには加入条件もあり、必ずしも誰もが加入出来るわけではなく、日本国内に居住している必要があり、下記条件に該当する方に限定されています。

またiDeCoの掛金には上限(拠出限度額)がありますので、自分がいくら拠出出来るか確認が必要です。

20歳以上60歳未満の自営業者、フリーランス、学生など(国民年金の第1号被保険者)

【加入できない方】

農業者年金の被保険者、国民年金の保険料納付を免除(一部免除を含む)されている方(ただし、 障害基礎年金を受給されている方等は加入できます)

拠出限度額:月額68,000円(年間816,000円)

60歳未満の厚生年金の被保険者(サラリーマン、公務員)の方(国民年金の第2号被保険者)

【加入できない方】

お勤めの企業で、企業型確定拠出年金に加入している方(ただし、企業型確定拠出年金規約で個人型同時加入を認めている場合は加入できます)

  • 会社に企業年金がない方

拠出限度額:月額23,000円(年間276,000円)

  • 企業型DCに加入している方の例

拠出限度額:月額20,000円(年間240,000円)

  • DBと企業型DCに加入している方、DBのみに加入している方、公務員等の例

拠出限度額:月額12,000円(年間144,000円)

20歳以上60歳未満の厚生年金に加入している方の被扶養配偶者の方(国民年金の第3号被保険者)

拠出限度額:月額23,000円(年間276,000円)

ここまでで分かることは、iDeCoは年金制度ですから、60歳までしかつみたて投資することが出来ないのです。

ということは早く始めれば始めるほど、つみたて出来る金額が多くなる為有利だということです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。