子どもか、キャリアか…?仕事と家庭を「両立しやすい職種」とその「共通点」

仕事と家庭の両立がしやすい職種とは

ここからは、3度の妊娠・出産、転職を繰り返した筆者が感じた、仕事と家庭を両立しやすい職種についてご紹介します。

デザイン業

一口に「デザイン業」といってもその種類は幅広く、パッケージデザインやWEBデザイン・ロゴマークや看板・アパレル系のデザインなど、センスを活かして仕事につなげやすいのが特徴です。

デザイン業は主に「自宅でPCに向かって作業」する時間が多く、企業に出勤する場合もフレックスタイム制などの柔軟な働き方が採用されているケースも珍しくありません。

クライアントと委託契約を結んで仕事を受注する働き方が中心ですが、「産後しばらくは働く時間をセーブする」など、自分で仕事量を調節できるのも嬉しいポイントです。

WEBマーケティング

WEBマーケティングの仕事も、デザイン業と同じく「PCとにらめっこ」です。仕事内容は主に、WEBに掲載する記事を書いたり編集したりするだけではなく、インターネット上で話題になっているトピックを調査してオウンドメディアに活かしたり、より多くの人にアクセスしてもらえるように記事を分析したりします。ECサイトがあれば、そこでの運営業務も入ってきます。

WEBマーケティング業界では何年も前からテレワークスタイルが定着しているため、働きながら子育てに奮闘する在宅ママワーカーが多いのも特徴的。未経験者の求人募集もよく見かけるので、検討してみても良いかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!
Twitter:広瀬あゆみ