日本政府は巨額の財政赤字で破綻? そうならない理由は「国債」にある

将来のことはわかりませんが、日本政府が明日までに破産する可能性は非常に小さいでしょう。それなら、「とりあえず1日だけ日本国債で運用して、明日以降のことは明日考えよう。今日は日本国債を買おう。それを売るか否かは明日考えよう」という行動は合理的です。

明日までに日本政府が破産する可能性が非常に小さい一方で、明日までにドル安円高になって為替差損を被るリスクは決して小さくないからです。

多くの日本人投資家が同じように考えて、とりあえず明日までは日本国債で運用するとします。日本政府が明日までに資金繰り破綻する可能性は一層小さくなります。

そうなると、外国人投資家でさえも、日本国債を買うかもしれません。まあ、彼らにとっては日本国債は倒産リスクと為替リスクが両方あるので、好んで買う投資家は多くないでしょうが。

銀行にとって、ハイパーインフレはリスクではない

少し突拍子もないことですが、開き直って考えてみましょう。銀行にとっては、資産と負債が両方とも円建てであるならば、何が起きても困らないのです。

日本政府が破産して紙幣が紙くずになったとしても、実はそれは銀行にとってはリスクではないのです。紙幣をそのまま預金者に渡せば良いからです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介