日本政府は巨額の財政赤字で破綻? そうならない理由は「国債」にある

この状態は今後も続くのでしょうか。筆者は続くと考えています。それは、日本人投資家には日本国債を買うインセンティブがあるからです。

日本国債は為替リスクのない資産の中で最も安全

投資家が日本国債を買う理由として、「いつでも日銀が買ってくれるのだから、安心だ」と考えている人がいるとしたら、それは違います。日銀に国債を買ってもらい、代わりに受け取るのは日本銀行券という「日本政府の子会社が発行した紙」です。日本政府が破産するなら、そんなものは紙くずでしょう。

日本国債は、円建て資産の中では最も安全なのです。大切なことは、メガバンクに預金しても札束を持っていても、日本国債より安全だということはない、ということです。

したがって、投資家が日本国債を持ちたくないと考えた時には、為替リスクを覚悟して外貨資産を持つしかないのです。

為替リスクよりは日本国債の方が安心

日本政府は巨額の借金を抱えているから、いつかは破産するかもしれない、と考えている投資家は多いようですが、それでも彼らが日本国債を買うのは、為替リスクが怖いからです。

米国債等を買えば、為替リスクを負うことになります。それとの比較で考えれば日本国債の方がリスクが小さい、というわけですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介