定年前50代、老後の資産運用をはじめるための4つの節約

venimo/Shutterstock.com

今年も下半期に入りあと3ヶ月で年末です。そんな2020年は、新型コロナウイルス感染拡大がいまだに収まらず、株価は乱高下、東京オリンピックも延期となるなど影響は甚大であり、働き方や生活様式も大きく変化した方が多いのではないでしょうか。

お金に対する不安が増しているものの、状況が落ち着いたら真剣に向き合いたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

今回はコロナ後に定年前50代の方にぜひ実践いただきたい節約についてご紹介します。

続きを読む

定年前50代が陥りやすい落とし穴

定年前となる50代は老後に向けてのラストスパートとなります。

また50代は一般的には年収がピークとなり、負債よりも貯蓄が上回る唯一の世代ともなります。

年収が上がれば生活水準も上がり、お子様がいらっしゃるご家庭では子育てが一段落したというご家庭もおありかと思います。

ご夫婦での旅行や外食、ご友人との食事会や趣味など、お金に余裕があるからこそ出ていくお金も増えてしまう方が多いのではないでしょうか。

ここが50代の方が陥りやすい落とし穴ともいえます。

年収は60代以降、ほとんどは年金収入のみとなるために、仕事を探さなければ、初任給と同じくらいまで下がると言われています。

老後をいくつからと捉えるかは個人差がありますが、老後に入っても一度上げた生活水準を下げるというのは難しいものです。

老後もある程度ゆとりある生活を送るために50代のうちに贅沢三昧からは少し距離を置きましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。