退職金は学歴で、いくら違うのか

勤務年数別の退職金の支給額はいくらか

そこで、勤続年数別の定年退職金の金額についてもみていきたいと思います。
先程の調査結果の勤続年数別の内訳は以下の通りです。

  • 大学・大学院卒

    勤続20年~24年:1,267万円
      25年~29年:1,395万円
      30年~34年:1,794万円
      35年以上:2,173万円

  • 高校卒(管理・事務・技術職)

    勤続20年~24年:525万円
      25年~29年:745万円
      30年~34年:928万円
      35年以上:1,954万円

  • 高校卒(現業職)

    勤続20年~24年:421万円
      25年~29年:610万円
      30年~34年:814万円
      35年以上:1,629万円

やはり勤続年数が長くなるにしたがって退職金が増えているのがわかります。

しかし、高校卒(管理・事務・技術職)、高校卒(現業職)については、勤続35年未満では1,000万円に届かず、35年以上の支給額と比較し大きく差がついています。

中途入社で退職時の勤続年数が35年未満になりそうという人は、将来もらえる予定の退職金だけでは老後の生活費が不足してしまう危険もありますので注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。