退職金は学歴で、いくら違うのか

Moremar/Shutterstock.com

自分の会社は退職金がどれくらいもらえるのか気になったことはありませんか?企業の中には退職金規定が作成されていて、勤続年数と役職によっていくらもらえるか調べられるところもあります。

しかし、業務中にはなかなか調べにくかったり、先輩や上司には聞きにくかったりして、退職金がいくらもらえるのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、会社員は退職金をいくらもらっているのかをみていきたいと思います。

続きを読む

退職金は学歴の違いでいくら違うのか

まずは会社員の退職金の平均値をみていきたいと思います。

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 結果の概況(一時金・年金)の支給実態」によると、最終学歴別の退職者1人平均退職給付額は以下の通りです。

  • 大学・大学院卒

    定年:1,983万円
    会社都合:2,156万円
    自己都合:1,519万円
    早期優遇:2,326万円

  • 高校卒(管理・事務・技術職)

    定年:1,618万円
    会社都合:1,969万円
    自己都合:1,079万円
    早期優遇:2,094万円

  • 高校卒(現業職)

    定年:1,159万円
    会社都合:1,118万円
    自己都合:686万円
    早期優遇:1,459万円

学歴や職種によって差がありますが、定年退職だといずれも平均値が1,000万円を超えています。

しかし退職事由が「定年」と「自己都合」だと金額に大きな差があります。これは自己都合の場合は勤続年数によって金額に差があることが理由の一つとして考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。