40歳までにセミリタイアするために「今すぐやめるべき5つのこと」

FIREムーブメントがやってくる!?

あなたは「FIRE」という単語をご存知ですか?

FIREとは近年アメリカで流行している概念で、生活費の節約と収入の多様化、投資を活用することで、できるだけ若いうちにフルタイムの仕事をリタイアして、心から自分が望んでいる人生を送ろうというライフスタイルのことを指します。

Financial IndependenceとRetire Earlyの頭文字からFIREと呼ばれており、日本でも『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』などをはじめとして、FIRE関連の書籍が多数出版されています。

続きを読む

日本全体にFIREという概念が浸透しているかと言われればまだだとは思いますが、9時~18時のフルタイム労働を卒業し、自由なライフスタイルを若いうちに謳歌したい!と考える人はこれからどんどん増えてくるはずです。それに従って、日本でもいずれは“FIREムーヴメント”が到来する時代も近いのではないかと思います。

そこで、前回の記事では「どうすれば40歳までにセミリタイア(FIRE)ができるのか? 20代、30代をどのように過ごせば良いのか?」について、具体的な戦略を解説しました。

しかし 、いくらセミリタイア(FIRE)のために努力をしたところで、これから紹介する5つのことをしてしまっている人は、いつまで経ってもセミリタイアを達成することはできません。

この5つをやめることによって、早期にセミリタイア(FIRE)できる可能性は飛躍的に高まりますので、もしあなたが本気でセミリタイアを目指すなら、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、まずは結論から申し上げましょう。セミリタイアを達成するために、今すぐやめるべきなのは次の5点です。

① 飲み会
② 通勤
③ 異業種交流会
④ テレビ
⑤ 3大支出(車・家・保険)

もし、あなたの人生にこれらが組み込まれているなら、セミリタイア(FIRE)の達成は確実に遅れると思っていただいて良いでしょう。以下、具体的に解説していきます。

■セミリタイア(FIRE)を達成するためにはどうすれば良いのか

具体的な3つの戦略について解説した前回の記事、『普通のサラリーマンが40代でセミリタイアするための「3ステップ投資法:節約→株→不動産」を解説!』をまだお読みでない方は、ぜひ併せてご覧ください。

①飲み会に行くな

セミリタイア達成のために、まず第1に絶対にやってはいけないこと、それは「飲み会」です。

あなたは週に何回飲み会に行っていますか?

私もかつてはゼネコンの営業マンでしたので、週に3回は付き合いで飲みに行っていました。年間で大体150日くらい、1回約3時間を消費して飲み会に行っていましたので、年間約450時間も時間を無駄に使っていたという計算になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
浦田 健
  • 浦田 健
  • 株式会社FPコミュニケーションズ代表取締役
  • 一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)代表理事

明治大学商学部卒。
2002年個人向け不動産コンサルティング会社を創業。2008年「すべての人に不動産の知識を」を使命としJ-RECを創設、同時に「不動産実務検定」を開始。全国35ヵ所以上に教室を開設し、いつでも、だれでも、どこでも不動産実務知識が学べる環境をつくる。
2014年マレーシアに移住。国内はもとより海外の不動産コンサルティングを手がける。主な著書に「金持ち大家さん」シリーズ他、不動産関連書籍多数、発行部数は業界最多となる累計31万部超。
ビジネス系YouTuber「ウラケン不動産」として不動産、経済、金融に関する情報を配信中(2020年8月現在登録者55,000人)。