これは困った!よくある車のトラブルと解決策3選

車に乗っていると少なからず起こるトラブル。

定期的にディーラーや整備工場で点検やメンテナンスをしていたとしても突然降りかかってくる可能性はあります。長期休暇などで、お世話になっている整備工場と連絡が取れないときは自分自身で応急処置をしなければなりません。そこで今回は、自分自身でも対処できる車のトラブルをご紹介していきます。

タイヤがパンクしてしまった場合

車に乗っている人の多くは体験したことがあるトラブルのひとつがタイヤのパンク。最近は「路上に落ちている釘やネジを踏んでパンクした」ということはあまり聞かなくなりましたが、少なからず発生する可能性はあります。

続きを読む

教習所で習ったという方も多いと思いますが、タイヤがパンクしてしまった場合はスペアタイヤに交換するのが最善の方法。ですが、最近の車にはスペアタイヤが搭載されていないことも多く、その代わりにパンク修理キットを使用することになります。

パンク修理キットはジャッキアップなどの作業が必要なく、液剤をタイヤに注入することで応急処置ができますが、その後の整備工場での処理(タイヤを外して液剤を除去しパンク修理する作業)で思わぬ時間がかかってしまうことも。

もしパンクの程度が軽く、すぐ近くで営業しているガソリンスタンドなどがある場合は、その場でパンク修理をしてもらった方が効率的なことも多いです。シガーソケットから充電できるコンプレッサーなどを使ってタイヤの空気圧を高めて、ガソリンスタンドなどまで走ってしまうのも一つの方法です。くれぐれもタイヤの空気圧が低下したまま走らないこと。最悪の場合タイヤを痛めてタイヤ交換することを余儀なくされてしまいます(※タイヤの損傷具合によっては、修理できない場合があります)。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。
自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。
現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身もFP資格を保有。
記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。
Twitter:宇野源一(げんげん)