みんなの「子どものおこづかい」はいくら?金銭感覚を養う「おこづかいのあげ方」4ステップ

金銭感覚が合わないために結婚に失敗したり、金銭感覚の乱れによって信頼を失うなど、金銭感覚が人生に与える影響は思った以上に大きいものです。しかし、大人になってから金銭感覚を変えることは大変困難です。子どものうちからしっかりとした金銭感覚を身に付けておくことがとても大切です。

そのためにはどんなことをしたらいいのか、子どものお金教育についてお伝えします。

おこづかいのあげ方

おこづかいはどのようにしてあげていますか?また、金額も気になりますよね。

続きを読む

金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)」(2015年度)によると、小学生のおこづかいのあげ方(もらい方)は、低学年では「ときどき」あげるが6割近くとなり、学年が上がるに従って減っていきます。一方で「月に1回」あげるは学年が上がるに従って増えていき、高学年では45%となりトップになります。あげ方にルールができてくるようです(表参照)。

拡大する

小学生のおこづかいのもらい方(金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)2015年度調査をもとに筆者作成)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。
難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。
趣味は読書とイラストを描くこと。