金価格の上昇は歴史の中で最後の打ち上げ花火か

copy URL

ドルを裏付けとした仮想通貨が決済通貨となる過程で、金の資産価値が消失する

さて、決済の主体が各国通貨の仮想通貨に変ってゆくと考えると、金は、先ほど見てきた理屈が正しいとすれば、ドルの裏付けとして、ドルの代わりとしての資産価値を失うことになります。

「中国人民銀行は、5月下旬、深圳、蘇州、雄安新区、成都、および2022年の冬季北京五輪の会場における「デジタル人民元」の試行実施を明言した」というニュースがありました。

各国中央銀行の仮想通貨の発行は、まだ現実味のない雰囲気がありますが、中国の動きを見れば、もう数年先に迫っていると推測できます。

今回の金の大幅上昇局面は、金が自らの存在をアピールする最後の打ち上げ花火になるかもしれません。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

武田 尚季

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

資本市場分析が得意な金融コラムニスト。大学を卒業後、大手証券会社に入社。金融機関を退社後、資本市場の分析を得意とするライターとして独立。公開情報やデータをもとに分析をした、偏りのない記事を執筆してきている。