金融政策決定会合に注目。しかし超過収益は企業業績にあり

【東京株式市場】2016年7月28日

株式市場の振り返り-反落するものの、売り一巡後は一進一退の展開に

2016年7月28日(木)の東京株式市場は反落となりました。日経平均株価は前日比▲1.1%の下落、TOPIXも▲1.1%の下落で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も▲1.4%の下落となりました。

日経平均株価は、前日比▲68円安で寄り付いた後、間もなく▲48円安まで下げ幅を縮小しました。しかし、その直後から売りが優勢となり、前場の半ばには▲214円安まで下落しました。後場は16,500円を挟む攻防が続きましたが、大引けは▲187円安の16,476円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは628銘柄、値下がり1,236銘柄、変わらず106銘柄でした。東証1部の出来高は18億9,771万株、売買代金は2兆3,738億円(概算)となっています。出来高は今一つ少ないですが、値嵩株の売買が多かったため、売買代金はそこそこの水準でした。

セクター動向と主要銘柄の動き-決算実績の内容により、主力株の株価変動が続出

東証1部で上昇したのは2業種、下落したのは31業種でした。全般的に売られたため、大きな特徴は見られませんが、前日に好調だった化学・素材系セクターが反落したこと、及び、相変わらず金融関連セクターが不振であることが伺えます。

個別銘柄では、前日に決算発表を行った富士フイルムホールディングス(4901)が急落し、年初来安値を更新しました。また、28日の取引時間中に決算発表を行った三菱電機(6503)も急落しています。この他にも、ミツミ電機(6767)なども急落しており、決算サプライズが色濃く反映されました。また、同じく決算発表の任天堂(7974)も大幅下落になっています。一方、同じ決算発表でもポジティブに評価されたアルプス電気(6770)は+10%超の急騰となり、上方修正を行ったファナック(6954)も堅調でした。また、日本電産(6594)は続伸し、アドバンテスト(6857)も年初来高値を更新しました。

本日(7月29日)の注目点-日銀金融政策決定会合の結果に注目、過剰な期待は禁物

いよいよ、29日(金)は日銀金融政策決定会合の結果が公表されます。既に4月(例のゼロ回答サプライズ)、6月と裏切られてきたので、大きな期待を持っている人は少数かと思います。その意味では、28日の株式相場が下げたことは、期待値を高めなかったという点でいいことだと考えます。一切の期待を持たず、通常通りに株式相場と接することが重要です。追加緩和策が出たら出たで、出なかったら出なかったで、冷静に対応しましょう。

日銀の金融政策とは関係なく、足元の業績相場に向かう動きは加速すると考えられます。28日も、業績相場を裏付けるような動きは数多くありました。全てがポジティブ・サプライズではありませんが、引き続き電機セクター、素材セクター、景気敏感セクターに注目しましょう。キーワードは“一旦、悪材料出尽くし”です。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。