世帯収入1000万円でも貧乏!?「子供部屋おじさん」が優雅で最強?

最強の選択をするかは人それぞれ

Kさんと友人はそれぞれ「結婚するかしないか」という選択をそれぞれ行いました。しかし、中には自らの希望と関係なく「奨学金を申請しないでも暮らせる人・暮らせない人」「一軒家を建てるにしても親が土地をくれたり、建設費用を出してくれる人」など年収とは別の部分の収支で、消費支出が増えたり減ったりします。

そういったラッキーともいえる環境を生かしながら年収とは切り離したところで貯蓄をしたり優雅な生活を送る人を見ると、隣の芝生の青さが眩しくなるというKさん。とはいえ「お金とは別のところで家族の健康だったり、成長を楽しむという喜びに出会えたことが金額で表せないとも思う」とのこと。Kさんのお話は、自分にとって「最強」の選択は何か改めて考えるきっかけとなりました。

【参考】
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)
内閣府「子どものいる世帯の年齢層別消費支出

佐渡 六花

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。