「都会育ちが田舎へ移住するのは難しい」は、本当か?

都会育ちの人が生活費の安い地方へ移住するケースは、以前より多くなっているのではないでしょうか。今やネットで手軽に買い物ができるだけではなく、必要な情報やビジネスもネット経由で得られる時代です。ネットがつながるPCがあれば、生活費の高い東京から出ていって、地方の広い家で安価に生きていくことは経済的合理性があるように思えます。

しかし、住み慣れた都会を離れて地方で広い一戸建てを借りるも、田舎の文化を受け入れられずに東京へ戻る人もいるのです。

続きを読む

筆者は大阪生まれ、大学はアメリカのシカゴ、就職は東京でしたので都会育ちの人間です。しかし起業に際して、家の周りを野生のムササビが飛ぶような田舎に移住しました。自らの経験談を踏まえて「都会育ちが田舎へ移住するのは難しいか?」を考えてみたいと思います。

都会育ちにとって辛い田舎の文化

田舎には、都会にない文化があります。その筆頭は「すぐ噂を立てられること」です。

筆者は会社経営者で時間の融通が利く立場です。移住して昼間のスーパーで子供を連れて買い物をしていたのですが、一日にして自分が東京から引っ越してきたことが噂になったようです(後から聞かされました)。東京では昼間からベビーカーを押してぶらつく男は珍しくもないですが、どうやら地方では少数派だったようで不審者のように思われてしまいました。

また、田舎には独自のコミュニティがあります。自治体のイベントなどの中には、ほぼ強制参加となっているものもあります。従業員の女性は「婦人会に行きたくない。いつも憂鬱」とこぼしていました。嫌なら行かなくて良いのでは?と思うのですが、「ここでは行かない選択肢はないの」というのです。その他、地域によっては草刈りや行事のお手伝いなどもあります。

こうした都会にはない田舎特有の文化は、移住者には面倒に感じるのでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
黒坂 岳央(起業家/投資家/ジャーナリスト)

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。
フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。
ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。
資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。
英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!