「宝くじ」みんなの購入金額はどれくらい?

~もうすぐ「サマージャンボ宝くじ」の発売日~

「宝くじ」当たれば、お金持ちの仲間入り⁉

当たれば、最高7億円がもらえる「サマージャンボ宝くじ」。実際に当たれば、すごいお金持ちになりそうなイメージがありますが、ちなみに、一般的にお金持ちとは、どのぐらいのお金を持っている人のことを指すのでしょうか?

野村総業研究所(NRI)が2018年12月に公表した「2017年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模の推計」では、資産保有額別に以下のように定義づけています。

  • 「超富裕層」:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
  • 「富裕層」:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
  • 「準富裕層」:世帯の純金融資産保有額が5,000万円以上1億円未満
  • 「アッパーマス層」:世帯の純金融資産保有額が3,000万円以上5,000万円未満
  • 「マス層」:世帯の純金融資産保有額が3,000万円未満

たしかに、7億円に当たれば即「お金持ち」の仲間入り、というこことにはなりそうですね。なお、サマージャンボの販売予定数は2億1,000万枚。1等がでるのは、確率にして1億分の1。「宝くじを買うのは、夢を買うこと」という言葉が、とても納得できるような気がしますね。

最後に~人はどうして宝くじを買ってしまうのか~

宝くじの当せん金には、法律による決まりがあるのをご存知でしょうか。実は、当せん金付証票法(第5条)によって「その発売総額の五割に相当する額をこえてはならない」と定められているのです。

これにより、半分以下の払戻率しか期待できないのが現実です。それにもかかわらず、「もしかしたら当たるかも」と思わせる宝くじには、どのような心理が影響しているのでしょうか。

これには、行動経済学における「確率加重関数」が関わっていると考えられています。それは「本来はとても小さな確率なのに、実際より大きく感じる」という現象のこと。たとえば、飛行機に乗ると「もし事故が起きたら…」とソワソワすることがありますよね。しかし、実際に事故が発生する確率はわずかなはずです。また、「なにかあった時のために」と生命保険などに加入しておくのも、この心理からといわれています。同じように、宝くじを買う時も「もしかすると高額当選するかも」という気持ちが働くということなのでしょう。

参考

「第15回宝くじに関する世論調査」一般財団法人 日本宝くじ協会
「ジャンボ宝くじ公式サイト」
「野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計」野村総合研究所

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。