新婚当初に戻れる?冷めた夫婦が穏やかな時間を取り戻すための行動

みなさんの周りにもいませんか?家族の行事やイベントなどではともに時間を過ごしているものの、一度帰宅すると、あまり口もきかない、平日はお互いに仕事で顔も合わせない…。いわゆる“仮面夫婦”、実は多いのではないでしょうか。

マイナビライフサポートが、2019年3月8日~3月12日の間、21~44歳の既婚女性194人を対象に実施したアンケートをまとめた「恋愛と結婚は別。ラブラブな夫婦になるには・夫の愛が一気に冷めるNG集」によると、「旦那さんとは結婚してからもラブラブだと思っているか」との問いに対して、約61%の女性が「ラブラブの夫婦だと思う」と回答しているのに対し、約39%の女性が「ラブラブの夫婦ではない」と回答しています。

続きを読む

決して少なくない割合の女性が、パートナーとの関係性を“あまり良好とはいえない”ととらえているようです。夫婦のあり方は十人十色とはいえども、結婚した当初はおそらくどの夫婦も、少なくともお互いに一緒にいることがメリットだととらえたからこそ籍を入れたはずです。

もしも、うちは“冷めた夫婦”かもしれないと気分が落ち込むこともある方がいるのであれば、その関係性を少しでも改善する道はあるのでしょうか。今回は、ほんの小さなことだとしてもきっとやってみる価値のある、残りの自分の人生をより穏やかなものにするきっかけを考えてみます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

猫好き、服好きのぐうたら主婦ライター。都内在住で、3歳の娘とともに日々のんびり生活中。
つい「わかる!」と声の出る、日常コラムをお届けします。