離れて暮らす親に聞いておきたい4つのこと~みんなが終活でやっていることは?

離れて暮らす親に聞いておきたい4つの項目

内閣府の調査によると65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、一人暮らし、もしくは夫婦のみで暮らしているという世帯は、2017年で58.9%と全体の過半数を超えています。

離れて生活していると、親の身の回りのことがわからないということもあるでしょう。万が一に備えて、どんなことを確認しておくと良いのでしょうか。

通院・服薬はしているか

突然体調を崩して救急搬送された場合、既往症や服薬内容について細かく聞かれることがあります。本人の意識がなく答えられない場合に備え、通院・服薬をしているかの確認も大切です。

どんな病気でどんな薬を飲んでいる(いた)のか、アレルギーはあるのか、かかりつけ医と通院の頻度などについては、日頃から確認しておきましょう。

通帳や印鑑などの保管場所

もしものことがあった場合、どこに何が保管されているかわからず慌てるということは少なくありません。

中でもお金にまつわる通帳や印鑑については、「認知症になり場所が分からなくなってしまった」「死後通帳が見つからない」いうことにならないよう、親が元気なうちにきちんと確認しておくと良いでしょう。

また、急な病気やケガの際に必要となる、健康保険証、生命保険や医療保険の証書などの保管場所も知っておきたいものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。