株価が下がったら喜ぶべき!?「景気が悪い時には投資せよ」の実現は積立投資で

明治でも令和でも投資手法は変わらない

少々古い文体の文章の引用ですが、まずはご一読ください。

「『好景気、楽観時代は思い切った勤倹貯蓄』(すなわち金〈かね〉を重しとする)、『不景気、悲観時代には思い切った投資』(すなわち物を重しとする)といった鉄則を樹てて直進することを人にもすすめている。要するに利殖の根本をなすものは「物と金」の適時交替の繰り返しであって(以下略)……。」

これは林学者で日比谷公園や明治神宮の建立に尽力した本多静六翁が、戦後の昭和25年(1950年)に著した『私の財産告白』(実業之日本社)からの一節です。

続きを読む

要約すると、「景気が良い時は現金を貯め、景気が悪い時には投資をせよ。投資は結局、現金と資産(物)の交換をすること」ということなのです。

ウィズコロナの今、この一節がまさに的を射ていると思うのは筆者だけではないでしょう。好景気で株価は上がり、不景気には株価は下がる。3月のコロナショックの後、日経平均株価は約3割下落し、ニューヨーク・ダウも同様に約4割下落しました。

もっとも、直近ではかなり反発して、市場はアフターコロナの企業業績を先読みしているところです。

底値は誰もわからない

さて、本多翁の指摘通り、常に現金を多めに保有し、株価や資産価格が低下した局面で投資するのは、確かに理想です。しかしながら、そのタイミングに備え現金を貯めておくのは、そう簡単ではありません。

さらに、投資してリターンを最大にするためには投資対象資産の収益率もさることながら、投資金額の多寡が収益額の大きなファクターであることは忘れられがちです。当然ながら、同じ10%のリターンでも100万円投資する場合と10億円投資する場合では、前者は10万円の収益、後者は1億円の収益になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。