離婚して「年金分割」したら、年金はどれくらいもらえるの?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による自粛生活は、家族の関係にも大きな変化をもたらしました。配偶者のよさを再認識した人がいる一方で、「定年退職後の生活が不安になってしまった」と感じている人もいるかもしれません。

「年金を分けてもらえるなら離婚したい」と思っている人もいるのではないでしょうか。「年金分割とはどんな仕組みなのか」や「どのくらいのお金がもらえるのか」について、あらためておさらいしておきましょう。

続きを読む

年金分割ってどんなもの?

年金分割は、離婚する夫婦が厚生年金保険料の”納付記録”を分割する仕組みです。大変複雑な制度なので、ここではポイントだけをご紹介します。

対象となるのは、夫婦の一方か両方が会社員か公務員(厚生年金の第2号被保険者)だというケースのみです。2007年4月以降に離婚が成立した場合に利用できます。分割割合の上限は5割です。年金を分割する側を「第1号改定者」、分割を受ける側を「第2号改定者」と呼びます。

申請できるのは離婚から2年以内に限られます。2008年4月以降に専業主婦(夫)だった期間がある場合は、その期間の納付記録が2分割される決まりです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。