国民年金の受給額、みんなどうやって増やしている?

みなさんは、老後の年金生活についてどのようなプランをお持ちでしょうか? 日々貯金をがんばっていても、ふとした瞬間に、将来が不安に感じることもあるかもしれません。

人生100年時代とも言われており、老後に向けての資産形成は計画的に進めていきたいものです。そこで本記事では、みなさんが加入している国民年金制度を中心に、受け取る年金額を増やす、またはお得に準備していく方法について見ていきたいと思います。

① 繰下げ受給する

続きを読む

1つめは、年金を繰下げ受給する方法です。国民年金の老齢基礎年金を受け取るのは原則65歳からですが、最長70歳までスタートを遅らせることができます。

この繰下げ受給を適応すると、65歳から何カ月受給開始を遅らせたかによって、年間に受け取る年金額を増やすことが可能で、請求時の年齢によって増額率は表のようになります。

繰下げ請求と増額率(昭和16年4月2日以後に生まれた方)

拡大する

出典:日本年金機構「老齢基礎年金の繰下げ受給」より抜粋

たとえば、2020年4月時点での老齢基礎年金の受給額は年間781,700円※(満額)ですので、仮に70歳まで受給開始を遅らせた場合には、受け取る年金額は年間328,314円(781,700円×42.0%)増える計算になります。(※20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方の場合)

このように、70歳以降に増額率は最大になるので、もし退職後70歳になるまでを貯金などの自己資金で賄うことができれば、長生きした場合の備えを手厚くすることができるでしょう。

なお、詳しい注意点については、日本年金機構の「老齢基礎年金の繰下げ受給」をご覧ください。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

経済学部卒業後、クレジットカード・投資(株・FX)などの金融系コンテンツを得意とするフリーランスのライターとして活動。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Ameba」など複数メディアに寄稿中。お金のスキルをもとに、女性ならではの目線での節約方法についても発信している。簿記2級、ビジネス会計検定2級を保有。